脱肛(だっこう)の症例写真

catch_119.jpg



2013年04月30日

脱肛の症状

(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

■脱肛の症状


・粘膜は分泌液を分泌しますが、脱肛によって、
 肛門外へ粘膜が脱出し、粘膜が刺激を受けることで、
 分泌液が増加します


・脱肛によって、下着に汚れが付いたり、
 分泌液が肛門の周囲に付くことで湿疹が生じ、痛痒くなったり、
 ベトベトしたりします

 粘膜部分は弱いので、肛門外に脱出する時に、擦れて傷つき、
 出血や痛みが生じます


・痔核の脱出による脱肛では、脱出したままとなることもあり、
 強い痛みを伴い、壊死や感染が生じ、発熱したり、
 腐ってしまう場合もあります


・脱肛により粘膜の脱出を起こす原因は、様々です

 肛門括約筋が加齢によって弱くなり、
 また、肛門や直腸粘膜を支持している組織が弱くなって
 粘膜脱を発症するようになります

 最も多いのはケースは、内痔核の症状の悪化によるものです
ラベル:脱肛 症状
posted by スマイル at 10:48| 脱肛の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。